後継者育成 成功のポイント

後継者育成 成功のポイント

Add: buwydy66 - Date: 2020-12-13 06:23:00 - Views: 5519 - Clicks: 5645

第二部 16:00~17:00. 私たちは、経営者の評価基準を「事業が成功して50点、承継が できて100点」と提言し続けて参りました。弊社では、1979年に「後継経営者スクール」を開校。長年の経営コンサルティングで独自開発した事業承継メソッド、社長候補育成プログラムを用いて現在まで数多くの後継経営者及びその. アーリーリタイアは、まだ働ける年齢で仕事があるのにもかかわらず、これからの人生で必要となる生活費を確保し、自らの意思で会社を早期に退職することです。役職経験の長い会社員や、規模が小さくても企業の経営者ならば、アーリーリタイアは可能です。その準備と、成功のポイントを. 事業承継を行う際に経営者や後継者が直面する問題としてよく挙げられるのが、「後継者が株式を取得するための資金を用意できない」という点についてです。この問題を解決するためには以下のような施策が必要となります。 ここでは、特に理解しにくい「ファンド活用型事業承継」と「株価の低減」について解説している書籍を紹介します。 ――◯ファンドを活用する事業承継 現役のファンドマネージャーである著者が送る、「ファンド活用型事業承継」という新たな選択肢。その活用方法や活用するメリットについて網羅的に解説している一冊です。第三者である「ファンド」からヒト・カネ・情報の支援を受けながらスムーズな事業承継を果たせるのがファンド活用型事業承継の特徴ですが、馴染みがない方も少なくありません。 ファンドを活用することで得られるメリットや、活用事例を盛り込んだ一冊。資金繰りの苦しさを理由に廃業を選んでしまう前にぜひご一読ください。 ファンドを活用する事業承継 ――◯Q&A 非上場株式の評価と戦略的活用スキーム 非上場株式の株価をどのように評価するのか、というのは事業承継では避けて通れない道です。なるべく株価を下げてから後継者に譲渡するのがセオリーですが、そのためにどのような施策が有効なのか、事業承継に本当に活かせる施策は何なのか、という点について理解している方は多くありません。 本書は事業承継対策として重要なポイントとなる自己株式の取得についても触れており、事業承継の実務で関わる範囲の株式評価について網羅できる内容に仕上がっています。非上場株式に関する実務に活かせる情報に絞って記載されているので、事業承継に取り組む経営者や後継者、コンサルティングを行う士業の方にとっても有益な一冊となるでしょう。 Q&A 非上場株式の評価と戦略的活用スキーム. 1 事業承継や後継者育成でお悩みなら.

2 後継者の育成に必要な期間. 前述したアンケート調査やA社のケースからもわかるように、後継者選びでは後継者のマインドセットが鍵を握ることは間違いありません。 いくら経営者(引き渡す側)の指名や説得があっても、本人がその気にならないと話は前に進みません。むしろ、「親に言われて仕方なく後継者になった」というような受け身の姿勢は将来に大きな禍根を残すでしょう。 また、大企業ではよく後継者が社長室に呼ばれ、社長から「次は頼む」と伝えられて腹をくくったといった“伝説”がよくありますが、中小企業には当てはまらないでしょう。大企業では社長の任期が2期4年などと慣例的に決まっており、また社内での厳しい選抜を経て役員になれば、それなりの心の準備はできているはずです。 一方、中小企業では、事業承継のタイミングは基本的に経営者(引き渡す側)の考え次第です。後継者(候補)としても、覚悟を決めるタイミングを計るのは難しいのではないでしょうか。 「言わなくても分かるだろう」では通じません。経営者(引き渡す側)は早いうちから意中の後継者候補に会社の経営状況を伝えたり、相手の真意をそれとなく確認したりすべきです。事業を継ぐ意思がないといっていた子や親族が突然、「事業を継ぎたい」といい出すこともあり得ます。 事業承継を成功させるには、経営者(引き渡す側)と後継者(引き継ぐ側)のコミュニケーションが重要です。. See full list on bcj-co. オーナー社長の多くは、息子や親族を後継者にしたいと考えるでしょう。しかし、親族に適当な後継者がいない場合や、いたとしても実際の経営を考えると不安な場合があります。次の選択肢となりうるのが「M&A」です。大きな決断を要することですが、事業承継を成功させる有効な手段として. ここからは、事業承継で問題になりやすい後継者の育成について深く理解できる本をランキング形式で紹介していきます。後継者育成だけでなく社員教育にも活用できる本ばかりです。先代の経営者だけでなく後継者候補の方にとっても有益な情報となるでしょう。 ――◯1位:事業承継の経営学: 企業はいかに後継者を育成するか 大和証券SMBC株式会社金融法人部からキャリアをスタートし、日本経済大学経営学部准教授を経て、現在は静岡県立大学の経営情報学部准教授として教鞭を振るう筆者が綴った後継者育成のノウハウが詰まった一冊。著者のこれまでの研究に基づいた、老舗企業の後継者育成事例について解説しています。 また、それだけにとどまらず経営戦略や経営組織、ガバナンスといった経営学的な知見を踏まえて、事業承継を契機にイノベーションを起こすための書籍として仕上がっています。先代経営者はもちろん、後継者や事業承継を支援する士業の方にとっても有益な一冊となるでしょう。 事業承継の経営学: 企業はいかに後継者を育成するか ――◯2位:経営承継「可視化」戦略 財務的、法務的な観点で出版されたテクニカルな書籍が並ぶ中、本書はあくまで【実務的な観点】に立ちながら事業承継で必須となる「経営を見える化」するための手法について述べています。これまで350社にのぼる数の企業に対して経営コンサルティングを行ってきた嶋田氏と、日本財務力支援協会の代表理事を務める篠崎氏が共著で綴る、経営承継コンサルティングの実務内容を初めて明らかにした解説書です。 後継者に株式を渡して終わり、ではないのが事業承継の難しいところですが、目に見えない経営のいろはを上手く後継者に伝えるためには「見える化」が欠かせません。後継者となる方にもおすすめしたい一冊です。 経営承継「可視化」戦略 ――◯3位:『経営』承継はまだか 欧米のファミリー企業の研究結果をもとにして、「事業」承継だけでなく「経営」承継について記した一冊。株式や資産などの目に見えるものは簡単に後継者へ引き継げますが、目に見えないものをどのように引き継げばよいのか、どのように教育すれば良いのか分からない経営者の方も少なくありません。後継者教育に悩むオーナー経営者や、それを支援する立場にある専門家の方にも向けて執筆された、永遠に存続する企業を実現するためのノウハウが詰まった一冊です。 『. ここからは、年に出版された書籍のなかから、事業承継の全容が学べる本を厳選し、Amazonの売れ筋をもとにランキング形式で紹介していきます。 ――◯1位:事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本第2版 年9月に第2版が発売された、事業承継の概要が理解できるおすすめの一冊。事業承継は様々な専門家が携わりながら手続きを進めていきます。本書は気になる税制改正のポイントや法律、相続の悩みについて、専門家である弁護士・税理士・公認会計士が、トラブルなく事業承継をするためのノウハウを解説しているので、事業承継の大枠をつかみながら起こりうるトラブルについても事前に知識を仕入れておくことができるのです。 会社法や税法について詳しくない方でも理解しやすいよう、図表も多めに掲載されているので、事業承継という言葉に聞き馴染みがない方であってもすんなりと理解しやすい一冊になっています。 事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本第2版 ――◯2位:事業承継の安心手引 年度版 コンパクトなサイズで読み切りやすいながらも、事業承継で対策しておきたいポイントや事業承継税制についてもしっかりと解説しています。制度の解説に終始せず、承継後の経営も見据えて”『稼ぐ力』をお金(税金・負債等)をかけずに承継させる”ための方法も紹介。 また、事業承継でかかる税金の負担額を決定づける株価についても、株価を引き下げる方法や承継のベストタイミングを紹介することでしっかりとカバーしています。MBOやファンド活用についても解説しているので、「事業承継にどんな方法があるのかわからない」「自社はどの方法で事業承継すればよいのだろう」と悩んでいる方にとっても学びの多い一冊となるでしょう。 事業承継の安心手引 年度版 ――◯3位:図解入門ビジネス 最新事業承継の対策と進め方がよ〜くわかる本 第3版 事業承継の手続きを網羅的に解説しつつ、後継者選びの方法からソフト面の承継方法に至るまで紹介している一冊。M&Aを活用したり、従業員を後継者に選んだりした場合の事業承継の方法も解説しているので、様々なケースでの事業承継に対応できます。また、後継者の株式取得にかかる費用を用意するための施策として、日本政策公庫を利用する方法や事業承継税制の活用方法も盛り込まれているので、経営者のみならず後継者候. ここからは個人事業主の事業承継に向けて書かれた本について、Amazonの売れ筋順に紹介していきます。法人とは異なる点も存在するので、個人事業主の方はこちらの本を参考にしながら事業承継の準備を進めていきましょう。 ――◯1位:個人事業の承継マニュアル 個人事業主が事業承継する場合は法人のように事業を続けたまま経営者を変更することはできません。先代の経営者がいったん廃業して、それから後継者が新たに開業することで事業承継を果たしますが、このプロセスについて詳しく紹介しているのが本書です。 また、事業承継の時期によって課税関係が違う点に加えて、事業用資産の引継ぎ方法や債権債務の取扱いに至るまで、「先代経営者」と「後継者」の両方の側面から述べられているため、経営者だけでなく後継者にとっても有益な一冊となるでしょう。 個人事業の承継マニュアル ――◯2位:徹底比較! いかがでしたでしょうか? 今回は、事業承継を検討されている会社経営者の方に向けて、「どのような後継者を選定したらよいか」、つまり、後継者の資質・要件の見極めについて、弁護士が解説しました。 事業承継の後継者をどのように選定するかは、資質・要件面に関する適格性はもちろんのこと、法律的に可能であるかどうか、税務面において損得があるかどうか、といった多面的かつ総合的な検討が必要となります。 「相続財産を守る会」では、将来の事業発展のビジョンを丁寧にお聴き取りさせていただきながら、かつ、事業承継税制も利用できるよう配慮し、御社にとってより良い後継者選定のお手伝いをさせていただくため、弁護士、税理士が協働しております。 ご相談の予約はこちら.

後継者への引き継ぎ・育成を成功させるには 候補者が確定した時点で、事業承継の最初にして最大のポイントを超えたことになります。 しかし、超えなければならない壁は他にもいろいろとあります。. ――◯図表や例が豊富に載っている本を選ぶ 事業承継は税務や会計、会社法などが絡み合うなかで事業を引き継いでいくので「文章だけで解説されてもわかりづらい」と思う方も少なくありません。 事業承継の流れや手続きについて、図表や例を用いて紹介している本を選ぶことで、事前知識がなくともすんなり頭に入ってきます。また、自社に置き換えて想像しやすくなるでしょう。事業承継について今から学ぶ方は、図表や例が豊富に載っているものを選ぶことをおすすめします。 ――◯出版年が新しいものを選ぶ 先ほども述べた通り、事業承継は様々な税制や法令が絡み合っているので、税制改正や法律の改正が起こるたびに新たな知識を仕入れていなければなりません。 現に年には事業承継税制という「相続税や贈与税の免除が可能になる特例」が施行され、事業承継にかかる費用の負担がぐっと少なくなりました。事業承継に悩む企業にとっては非常に嬉しいニュースです。 このような動きは今後も予想されるため、常に新しい情報を仕入れておくことが大切と言えます。事業承継の本を購入する際は出版された時期にも注意しながら選ぶようにしましょう。また、過去に出版されたものであっても、法改正に伴って改訂版が出版されることもs苦なくないので、あわせてチェックしておくようにすることをおすすめします。 ――◯自社に必要な情報は何かあらかじめ理解しておく 事業承継と一口に言っても、企業が置かれている状況は千差万別です。潤沢な資金がありながら後継者不足に悩んでいる企業もあれば、後継者はいるのに資金繰りが苦しく、事業承継ができない企業も存在します。自社の状態にあわせて最適な本を選ばなければ、本当に有益な情報を得ることは叶いません。 とはいえ、事業承継を進める上で自社がどのような問題を抱えているのか理解するのは難しいこと。そのため、先ほど紹介したように「実際に事業承継していく」過程を明確にイメージすることが大切です。事業承継の手順を理解する概論書を一冊購入して、実際にシミュレーションを行い、その過程で出てきた自社の問題にあわせて、特定の分野について書かれている本を選ぶことで必要な情報を素早く入手できます。 例えば、自社の資金繰りが苦しく事業承継が難しい場合はファンド活用型の事業承継について書かれた本を読むことで、打開策が見えてくるでしょう。事業承継を成功. さて、たとえ実の息子・娘への親族内承継であったとしても、後継者の資質・要件を「客観的な視点から」見極めなければならないことを理解していただいたところで、実際にその見極めのポイントを、弁護士が紹介していきます。 親族承継であっても見極めが重要なのですから、ましてや、幹部社員や役員、外部の第三者などに対して「親族外承継」をお考えの際には、後継者として適切かどうか、慎重な目線で判断するため、判断基準を理解しておかなければなりません。 なお、後継者に必要な資質・要件は、会社の規模・業種・社風などによっては特別な考慮が必要な場合もありますので、今回の弁護士解説は、あくまでも参考としての一般的な例とご理解ください。. 後継者に従業員から経営者に立場が変わるという自覚をしっかりも持たせることも承継の成功のポイントと言えるでしょう。 後継者候補と対話を重ねた上で、責任が重い役職に徐々に昇格させ、経営者に必要なスキルを身につけさせていきます。. 個人版事業承継税制・小規模宅地特例の活用マニュアル 税理士として数々の企業や個人事業主の税務に取り組み、不動産の有効活用や相続対策の実践活動を指揮してきた筆者が綴る、個人事業主の事業承継に役立つ一冊。事業承継税制は法人も個人も利用可能ですが、細かな条件や手続きが異なるので、本書を読み込んで理解の助けにしていただきたいです。 また、個人事業主は中小企業よりも強く事業用の資産と個人資産が紐付いているケースが多いため、小規模宅地特例という節税効果を高める制度の利用も認められています。この小規模宅地特例と先述した個人版事業承継税制のどちらを選ぶべきか、という論点から、個人事業主の事業承継に必要な情報を紹介している本書。経営者と後継者のどちらにも読んでいただきたい一冊です。 徹底比較! 1 後継者の社内での育成; 4. .

後継者育成プロセスには、会社外部での教育も大切です。社内での育成プロセスに合わせて、計画的に進めていきましょう。 他社での勤務 理解のある取引先や同業者に依頼し、出向などある程度の期間他社で勤務することは、将来的に有用な経験となるでしょう。自社にはない経営や仕事の手法を身に付けたり、アイデアを得たりするチャンスにもなるほか、人脈の形成や拡大にもつながります。 セミナーなどの活用 専門の教育機関のほかに、公的機関でも後継者育成を目的としたセミナーが数多く開催されています。これらを利用すると、短期間で効率よく経営者としての基本的なスキルやマインドが身に付けられるだけでなく、次世代の経営者同士による異業種間ネットワークの形成にも役立ちます。 参考:経営後継者研修(中小機構) また、セミナーで得た知識は後継者のなかに留めておくだけでなく、自社に持ち帰って従業員教育にも活用するようにします。会社全体のレベルアップにもつながるなど、さらなる効果が期待できます。 子会社や関連会社での経営 育成が進み、ある程度実力が備わったと判断できる段階にさしかかったとき、もし子会社や関連会社がある場合には、その企業経営を任せてみるのもよいでしょう。実際の経営トップとして必要となる能力や責任感が身に付くとともに、経営者としての資質が確認できるよい機会になるのではないでしょうか。 関連記事 ・経営者のためのタイムマネジメントのヒント ・こんな時どうする?やる気が出ない経営者が試すべきことまとめ 執筆は年5月8日時点の情報を参照しています。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by, Unsplash. バトンをパスしただけでは終わらない後継者育成問題 ~本当に子離れしていますか?自立型の育成術~. ・後継者主導の事業承継対策に現経営者の不信感が発生. 経営者が後継者を選ぶにあたり、関係者の理解が得やすいケースとして、親族になることが多いのではないでしょうか。一方、特に親族のなかに適切な候補者がいない場合は、社内人材から選出することが多いようです。後継者決定のタイミングとしては、現在の経営者が決定権や発言権を持っている現役の期間内に行うことが、従業員間の内紛などの不要なトラブルを招かないためにも重要です。 後継者が決まったら、将来に向けて意識的に育成していく必要があります。どのような育成方法を選ぶかは企業の置かれた状況によって異なりますが、一般的な事例やそのポイントを、まず会社内で行うものから紹介していきます。 部門ローテーション 営業部門や管理部門など、社内の主要部門をそれぞれ経験することで、業務プロセスを理解するとともに現場感覚を身に付けます。また、各部門の従業員と日々コミュニケーションをとり、同じ仕事に携わることは、現場で働く従業員からの支持を得ることにもつながります。 昇進ステップをきちんと踏む 後継者育成 成功のポイント 一般社員から一気に役員クラスにステップアップするのではなく、係長、課長、部長と各役職を経験します。それぞれに求められている役割や責任範囲を知るとともに、将来そのポジションの人材を採用するにあたっても貴重な経験になります。 経営幹部として参画 ある程度経験を積んだら、責任と権限の範囲を広げ、経営に携わるようにします。経営上の意思決定や外部交渉を任せることによって、使命感やリーダーシップが育まれる機会となり、経営実績を積み重ねていくことができます。 補佐する人材も確保、育成 経営者の多くが感じる、孤独感。ベテラン社員や古参役員のなかに年下の経営者として参加する場合は、従業員を率いていくことで困難に直面することもあるかもしれません。新たな経営者を補佐し、気の置けない相談相手となるようなパートナー人材も併せて確保し、育成していくことが望ましいでしょう。. See full list on softbank. .

後継者を育成する手順を確認したところで、ここからは育成時にあなた(現経営者)が注意すべきポイントを紹介します。 「育成するぞ! 」と力が入ってしまい、後継者の全てをあなたの思う通りにコントロールしようとすると失敗の恐れがあるのです。. 人材育成は、組織力を向上させるために欠かせない要素ですが、戦略的に行っている企業は少ないようです。個人のスキルアップやモチベーションの向上を促すことによって、社員が自発的に行動し、新たなイノベーションを生み出すことが人材育成の効果であり、会社の成長を促進する原動力. 近年、事業承継を実施する目途が立たないことを理由に、「業績が良いのに廃業をしてしまう」という中小企業の増加が社会問題化しています。事業承継を成功させるには、後継者不足など難しい課題を乗り越えなければならず、中小企業にとって頭の痛い問題といえるでしょう。事業承継を. 2 後継者の社外での育成; 5 最後に. See full list on 100years-company. 後継者育成を成功に導くうえで、後継者が注意すべき点は、社長の座に就く前に勉強できることは全て勉強することだ。 社長の座に就くと経営の勉強に充てる時間が殆どなくなるので、いかにして社長就任前に幅広く経営の知識を身につけるかが、後継者育成成功のカギとなる。 例えば、先代の経営理論、会社の数字、商品特性、顧客特性、事業の強みと弱み、社員の性格や力量、現場の苦労や問題点などの知識は必須で、先代への感謝や尊敬の念を強く持つことも大切だ。 また、積極的に自分を変える作業を推進することも不可欠で、例えば、自分の考えを変えて先代の価値観に合わせる、自分の階層や業務分野を変えてヒューマンスキル(人間力)を高める、自分の責任範囲を変えてトップの責任感覚を身につける、といった変化を進んで求める作業は、後継者育成を成功に導く重要なポイントになる。 さらに、社長業に役立つ資格を取得することもお薦めする。例えば、民法全般、特にビジネスの権利義務の法律理論が身に付く「宅地建物取引主任者」と会計の基礎知識が身に付く「日商簿記二級」の資格取得は、中小企業の社長業に活かせるのでお薦めだ。. 事業承継成功のポイントは? 事業承継を成功させるポイントですが、まず大切なのが事業承継について早めに考え行動を起こすことです。事業承継には後継者選びや様々な手続きに時間がかかります。健康な経営者でも70歳までには完了することが大切です。. 事業承継に関する調査によると、経営者年齢のボリュームゾーンが1995年には47歳だったのに対し、年には66歳となっており、経営者の高齢化がみられる結果となっています。一方、経営者交代率は長期にわたって下落傾向にあります。このふたつを照らし合わせると、多くの企業で経営者の交代がなされていないことが分かります。 参考:事業承継ガイドライン(中小企業庁) また、廃業を予定している企業のうち、28.

後継者選びは、事業承継を成功させるか否かの分かれ道になる重要な要素です。 創業オーナーの多くは、会社の財産権(株式)と経営権をいっしょに自分の子供に承継することを望んでいると思われますが、「跡取りは子供が当たり前」などと安易に決めるのではなく、その後の企業や事業が. 「事業承継時の後継者としての適格性を満たす要件は?」というご相談の中には、事業承継税制を利用したいときの後継者の要件についての質問もありますので、最後に解説しておきます。 事業承継税制とは、事業承継を行うときに、通常よりも税務面で有利な扱いを受けるために用意された税制のことです。この有利な税制を利用するためには、次の「先代経営者」、「後継者」の要件を満たす必要があります。 事業承継税制を利用することができるかどうかは、とても難しい専門的な判断が必要となる場合がありますので、詳しくは、生前贈与、相続などの事前対策を検討する際に、税理士・弁護士などの専門家にご相談ください。. また、後継者が決定した事業者のうち、3分の1以上が後継者の選定を始めてから了承を得るまでに3年超かかったことがわかっています。 参考:年版中小企業白書 概要(中小企業庁) 後継者が決定した後の育成や事業承継の実行にも、多大な時間を要すると考えられます。 「自分はまだ働き盛りで、まだ事業を引き渡す時期ではない」と考えている経営者もいるかもしれません。しかしながら、取引先や顧客に迷惑をかけることないよう、後継者の確保、育成は常に考えておくべき課題であるといえます。. 01 全国編 ・事業承継税制の上手な利用ポイント ・間違いのない後継者の選び方、育て方 ・企業の不動産財務分析から見えること ・オフィスツールと労働生産性の考察 記事一覧に戻る. See full list on souzokusp. 実際の後継者(候補)選びにおいては、いま見たような資質や能力を基準にすることは有効でしょう。しかし、やはり最後は経営者(引き渡す側)の判断次第になってきます。 事例をひとつご紹介しましょう。 北関東で貸しビル、貸店舗、駐車場などを経営している不動産会社(A社)では、10年ほど前に創業社長から二代目への承継が行われました。創業社長には息子が2人いましたが、長男は早くから入社して社長を補佐しており、後継者候補といわれていました。ただ、社長は次男も呼び寄せ、新規事業として飲食業やスポーツジム業を独立採算で展開させていました。 しかし、業績(特に本業)は人口減少と高齢化が進む地元経済と足並みをそろえるように低迷。一発逆転を狙って宅地開発に着手したものの、リーマンショックのあおりを受けてむしろ多額の負債を抱えることになってしまいました。 このタイミングで社長は、次男を後継者に指名したのです。本業しか知らない長男より、新規事業を立ち上げてきた次男のほうが、会社の立て直しに適任だという判断でした。性格的にも、明るくアグレッシブな長男より、寡黙ながら粘り強く問題解決に取り組む次男を評価したのです。 長男が継ぐものとばかり思っていた次男は当初、社長就任に難色を示しましたが、取引先やメインバンクなどからの説得も受け半年ほどして決断。社長は代表権を次男に移し、長男を関連会社に転籍させました。 A社はその後、負債の整理や健康関連の新規事業の立ち上げなどに取り組み、いまでは経営危機前より売上、利益ともに倍増を果たしています。 このケースでは、後継者を選ぶ基準として経営危機に陥った会社を立て直すという一点に絞ったことが成功のポイントだったといえるでしょう。基準が明確であれば、あとは関係者の説得や調整を行うことに集中できますし、事業承継のやり方も自ずと決まってきます。 また、A社では長男がもともと後継者候補でしたが、次男にも経営の経験を積ませ、もうひとつ選択肢を用意しておいたことが、結果的に奏功したといえるでしょう。. 6%が「子供に継ぐ意思がない」「子供がいない」「適当な後継者がみつからない」といった後継者難を理由にしており、後継者の確保や育成が大きな課題であることがみてとれます。 参考:事業承継に関する現状と課題について(中小企業庁).

後継者育成 成功のポイント

email: jyviwe@gmail.com - phone:(161) 131-5338 x 8841

キャーン ストップ デ ダンス - 道場破り 問答無用

-> かわいい子犬
-> ゴライアス号の奇跡

後継者育成 成功のポイント - きみのために


Sitemap 1

じょりく! - あかちゃんのためのビデオ絵本